045-842-0380

Web予約

京浜急行・横浜市営地下鉄
上大岡駅直結

日帰り硝子体注射

日帰り硝子体注射とは

日帰り硝子体注射

硝子体注射とは、硝子体(眼球)に直接注射を打つ処置のことを言います。主に角膜輪部から3.5~4.0mmの位置(針が刺さっても問題がない白目の部分)に針を刺し、薬剤を少量注入します。注射の前には準備として、麻酔薬を点眼しておき、目の表面や周囲を消毒した後に行います。使用する針は極めて細いので注射をしてもすぐに塞がります。処置自体は数分程度で終わるので目に負担もなく日帰りで行うことが可能です。なお、麻酔が効いた状態での注射となりますので、ほとんど痛みを感じることはありません。しかしながら注射の効果は症例により個人差があり、1度の注射では持続期間が数か月程度ことから、一定の間隔で注射を打ち続ける必要があります。
なお硝子体注射は、主に加齢黄斑変性、糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症の患者様に使用される治療法です。加齢黄斑変性では滲出型タイプと診断された際に用いられます。
薬剤は保険適応されている抗VEGF薬を注入していきます。VEGFとは血管内皮増殖因子とも呼ばれ、血管の虚血状態や炎症などをきっかけに増加するたんぱく質の一種で、脆くて破れやすいとされる新生血管を増殖させる、成長を促すといった働きがあります。この新生血管が症状を悪化させるため、同血管の成長を止める、その血管自体を縮小させるという働きをする抗VEGF薬を使用します。
確率は非常に低いとされていますが、同注射によって起こりうるリスクのひとつに、注射部位から細菌が入ることで起こる感染症(細菌性眼内炎)があります。このようなことが起きないよう、施術時の徹底した消毒はもちろん、注射後のアフターケアもしっかりしていきますのでご安心ください。

上大岡mioka眼科

045-842-0380

Web予約
診療科目
眼科
院 長
三上 武則
住所
〒233-0002
神奈川県横浜市港南区
上大岡西1-18-5 ミオカ中2階(M2)
最寄駅
  • 京浜急行 
    上大岡駅 徒歩3分
  • 横浜市営地下鉄 
    上大岡駅 徒歩2分
診療時間 日祝
9:00~12:00
14:00~18:00

受付時間…午前 8:45~11:45 午後 13:45~17:45
休診日…木曜日、土曜日午後、日曜日・祝日
…手術・外来