045-842-0380

Web予約

京浜急行・横浜市営地下鉄
上大岡駅直結

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症

糖尿病によって引き起こされる合併症のひとつで、これをきっかけに網膜が障害されている状態が糖尿病網膜症と言います。糖尿病網膜症は、糖尿病神経障害、糖尿病腎症と併せて糖尿病三大合併症と言われています。
そもそも糖尿病とは、膵臓で作られるホルモンの一種、インスリンの作用不足が原因で発症します。インスリンが機能しなくなること血液中に含まれるブドウ糖がエネルギー源として細胞に取りこまれなくなり、血糖値(血液に含まれるブドウ糖の濃度)が慢性的に上昇してしまいます。この状態が続くことで、血管が障害を引き起こし、特に細小血管(毛細血管)がダメージを受けるようになります。網膜や腎臓は細小血管が集中している臓器のひとつであることから、そのために合併症が起きやすくなります。
糖尿病網膜症は自覚症状が現れにくく、その発症は糖尿病が発病してから約10年かかると言われています。糖尿病と診断された方は、これといった眼の症状がなくても定期的に検査を受けるようにしてください。というのも糖尿病を発症した年数を正確に判定するのは困難であるからです。
また、毛細血管が詰まり、その部分よりさらに抹消へ血液が送れなくなると、やがて新生血管が作られるようになります。この新生血管は脆いのが特徴で、出血しやすく血液の成分が漏れ出す特徴があります。これが何度も繰り返されると、網膜に滲出性変化が起こりダメージをきたすことで、目がかすむ、飛蚊症、視力低下、視力障害といった症状がみられるようになります。これら症状が現れる頃はかなり進行している状態とも言えます。

検査について

糖尿病網膜症は自覚症状が乏しいことが多いため、定期的な眼底検査をすることが重要です。また血管の形状や血液の流れ、網膜の血管からの血液成分の漏れなどを調べる場合は蛍光眼底造影検査を行います。

治療について

まず内科での血糖コントロールが大切です。眼科においては、経過観察、薬物療法(硝子体注射)、レーザー光凝固、硝子体手術を行います。適応は発症初期、中期、進行期で異なります。それぞれの治療法は以下の通りです。

単純網膜症(糖尿病網膜症の初期)

網膜出血や毛細血管瘤、白斑などが見られますが、いずれも小さく自覚症状はみられません。この場合、糖尿病治療で行われる、生活習慣の改善(食事療法、運動療法)、薬物療法(経口血糖降下薬)、インスリン注射による血糖のコントロールが中心となります。この時期は糖尿病網膜症自体の治療は必要としませんが、網膜症の悪化がないかのチェックが重要です。3カ月に1回程度の経過観察が必要です。

増殖前糖尿病網膜症(糖尿病網膜症の中期)

網膜の血流が悪くなるほか、眼底出血や網膜白斑が目立つようになります。ただ、このような状態でも視力低下などの自覚症状が現れないこともあります。放置が続けば、増殖網膜症に進行してしまうことから、血糖コントロールの治療のほか、血流不足によって酸素・栄養不足に陥った網膜には、レーザー光凝固術を施行します。1~3カ月に1回程度の経過観察を必要とします。

増殖糖尿病網膜症(糖尿病網膜症の進行期)

眼内に硝子体出血や増殖膜という線維膜がみられている状態で、様々な病態が引き起こします。治療は、血糖コントロールやレーザー光凝固術を行っていきますが、新生血管が破れて硝子体に大量の出血や牽引性網膜剥離を発症しているという場合は、硝子体手術を行う必要があります。

上大岡mioka眼科

045-842-0380

Web予約
診療科目
眼科
院 長
三上 武則
住所
〒233-0002
神奈川県横浜市港南区
上大岡西1-18-5 ミオカ中2階(M2)
最寄駅
  • 京浜急行 
    上大岡駅 徒歩3分
  • 横浜市営地下鉄 
    上大岡駅 徒歩2分
診療時間 日祝
9:00~12:00
14:00~18:00

受付時間…午前 8:45~11:45 午後 13:45~17:45
休診日…木曜日、土曜日午後、日曜日・祝日
…手術・外来