045-842-0380

Web予約

京浜急行・横浜市営地下鉄
上大岡駅直結

コンタクト処方

コンタクト処方とは

当院では、眼科医によるコンタクトレンズ処方を行っています。コンタクトレンズは眼鏡同様、屈折異常による近視、遠視、乱視を矯正するための医療器具です。
眼鏡は耳や鼻にフレームを掛けることで使用する一方、コンタクトレンズは直接角膜に矯正レンズを置き、かつ見え方もより自然なことから、フレームが気になって眼鏡をかけるのが苦手、スポーツをよくする方などが好んで使用されます。
しかしながらコンタクトレンズは、レンズという異物が常に触れていることから感染性角膜炎や、酸素供給や涙液の不足による角膜上皮障害を起こす可能性もあります。そのためコンタクトレンズは現在、高度管理医療機器に指定されています。ご希望の際は、必ず眼科を受診し、使用の際は眼科医の指示に従ってご使用頂きますようお願いいたします。
当院では、コンタクトレンズ希望の患者様には、まずコンタクトレンズの装用が問題ないか眼の診察を行います。そして視力低下の原因が別の眼疾患によるものでないことを確認し、適正な度数を調べる検査をして処方箋をお渡しします。なお、当院では患者様の眼の安全を最優先とし、また適切にフォロー管理していく観点から院内での処方を推奨しております。コンタクトレンズの取り扱い方法につきまして指導を適切に行い、装用後の定期検査をご案内しています。どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズを希望される際は、ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズのどちらかを選ぶ必要があります。メリットデメリットなど、それぞれの特徴は以下の通りです。

ハードコンタクトレンズ

硬い素材で作られたハードコンタクトレンズは角膜の一部を覆うほどのサイズで、高い度数のレンズを使用できる、耐久性が高いという利点があります。その一方で、装用してから慣れるまでに時間がかかるとされ、ズレや脱落をしやすいというデメリットもあります。また管理方法についてですが、洗浄などでレンズケアをしながら長期間使用するのが主流となっています。

ソフトコンタクトレンズ

水を含むと軟らかくなる素材のレンズを使用しているのが特長です。サイズについては角膜全体を覆うほどの大きさです。メリットとして、着後の違和感が少なくてすぐ慣れる、角膜全体を覆うのでズレにくいといったほか、長時間使用できるタイプ、1日のみの使い捨てや短期間で交換するタイプなど、選べるレンズの種類が豊富という面があります。ただし、矯正力や耐久性がハードコンタクトレンズと比べるとやや劣ります。さらに何らかの眼障害が発症した際に気づくのが遅れるということもあります。そのほか、不正乱視の矯正はできません。

上大岡mioka眼科

045-842-0380

Web予約
診療科目
眼科
院 長
三上 武則
住所
〒233-0002
神奈川県横浜市港南区
上大岡西1-18-5 ミオカ中2階(M2)
最寄駅
  • 京浜急行 
    上大岡駅 徒歩3分
  • 横浜市営地下鉄 
    上大岡駅 徒歩2分
診療時間 日祝
9:00~12:00
14:00~18:00

受付時間…午前 8:45~11:45 午後 13:45~17:45
休診日…木曜日、土曜日午後、日曜日・祝日
…手術・外来